マッテオ・カルカッシ

マッテオ・カルカッシ

生 : 1792年(トスカーナ大公国、フィレンツェ)/没 : 1853年1月16日(フランス帝国、パリ)

マッテオ・カルカッシ (Matteo Carcassi) はイタリア出身の作曲家、ギタリスト。今日における標準的なクラシックギターの奏法を確立した人物として知られる。代表作に「ギターのための完全な方法」、「25の練習曲集」などがある。

生涯 | Biography

マッテオ・カルカッシは1792年頃、当時トスカーナ大公国領であったフィレンツェで生まれたとされる。少年時代よりギターを学び、ナポレオン戦争では兵士として従軍した。

ナポレオン・ボナパルトは1814年に失脚し、フランスではブルボン家による王政が復活した。カルカッシは1816年よりパリに移り住み、退役軍人として年金を受給しながら、主としてフランスで音楽活動を行った。当時パリではフェルディナンド・カルッリがギターの「巨匠」(ヴィルトゥオーソ)として名声を得ていた。そうした中、カルカッシは1814年から1816年にかけて刊行されたフランチェスコ・モリーノ (Francesco Molino) による『新しいギター教則』を購読しながら、独自のギター曲を模索していた。

カルカッシは1820年頃からパリのフォブール・モンマルトルに近いグランジュ=バトリエール街9番地に落ち着き、自作曲の出版を始めた。カルカッシの作品は友人の音楽出版者アントワーヌ・メッソニエによって作品番号が付され、主としてパリで出版された。

カルカッシは諸外国の演奏旅行にも精を出した。1822年のロンドンでの成功を皮切りに、1823年、1826年にもロンドンを再訪、1828年にはアーガイル・ルームで演奏会を行っている。また1824年にドイツへ、1836年にはイタリアへ赴き、複数の都市で演奏会を行った。カルカッシは1853年1月16日、パリで亡くなった。

カルカッシはその生涯の中で80ほどのギター曲を残した。その中にはフランソワ・オーベールやフェルディナン・エロルド、ジョアキーノ・ロッシーニのオペラを元にした変奏曲も含まれる。

カルカッシのギター曲は、同時代に活躍したフェルナンド・ソルやマウロ・ジュリアーニの作品に比べると曲としての深みや構造の複雑さという点では劣るものの、カルカッシの代表作「ギターのための完全な方法」(作品番号60)に付された著者による緒言には次のように記されている。

 私がこの教則を作成したのは、学術的な著作を上梓する意図からではない。私が望むのは、この楽器に関する全ての能力を深めることを可能にする最も単純にして明快、かつ正確な方法に基づいた手引きを用いることで、ギターの練習をより容易にすることだけである1)Matteo Carcassi, Méthode complète pour la guitare, Mainz, 1924 (1re éd., 1836), p. 1.

この文言の示す通り、本作品は芸術性が高いと同時に明快かつ演奏が容易であることから、19世紀を代表するギター教則とされるだけでなく、日本では『カルカッシ・ギター教則本』と題され、現代でも初学者がクラシックギターを練習する際にまず手にする教本として普及している。左足を台に乗せ、その膝の上でギターを構えるという現在の標準的な奏法を普及させたのも彼の功績であり、カルカッシがギター音楽史に残した功績は大きい。

作品一覧 | Works

ギター曲(欠番は散逸)

  • Op.1 – 3つのソナチネ 3 Sonates
  • Op.2 – 3つの華麗なロンド Trois Rondo Pour Guitare ou Lyre
  • Op.3 – ギターとリュートのための12の小品 Douze petites pièces Pour Guitare ou Lyre
  • Op.4 – 6つのワルツ 6 Valses
  • Op.5 – 蝶々Le nouveau Papillon, ou Choix d’Airs faciles et soigneusement doigtés
  • Op.6 – Introduction avec Huit Variations et un Finale Sur le Duo de la Capricciosa Corretta
  • Op.7 – Au clair de la lune, Chanté dans Les Voitures Versées. Varié
  • Op.8 – Étrennes aux Amateurs ou Nouveau Recueil de Six Contredanses Françaises
  • Op.9 – Trois Airs Italiens Variés pour Lyre ou Guitare
  • Op.10 – Amusement ou Choix de 12 Morceaux faciles et soigneusement doigtés
  • Op.11 – Recueil de 10 petites Pièces
  • Op.12 – Trois Thèmes variés
  • Op.13 – 4 Potpourris des plus jolis Airs de opéras de Rossini
  • Op.14 – Mélange de vingt morceaux facile & soigneusement doigté & composé pour la guitare
  • Op.15 – Tra la la. Air Varié
  • Op.16 – 8 Divertissements
  • Op.17 – ジャン=ジャック・ルソーの夢 Le Songe de J.J. Rousseau. Air varié
  • Op.18 – 6 Airs variés d’une exécution brillante et facile
  • Op.19 – Fantaisie sur les plus jolis Airs de l’opéra Robin des bois (Der Freischütz)
  • Op.20 – Air suisse varié
  • Op.21 – Les Récréations des Commançans ou Choix de 24 petites Pièces très faciles
  • Op.22 – Air écossais de l’opéra La Dame blanche
  • Op.23 – 12のワルツ Douze Valses
  • Op.24 – Air des Mystères d’Isis
  • Op.25 – 2e recueil de 8 Divertissements … Accordée en Mi majeur
  • Op.26 – 6つのカプリス Six Caprices
  • Op.27 – Variations brillantes sur un thème allemand
  • Op.28 – 2 Airs de ballet de l’opéra Moïse (Rossini), arrangés pour piano et guitare n°1 et n°2
  • Op.31 – Variations brillantes pour la guitare sur un thème de la Cenerentola6 Fantaisies sur des motifs d’opéras favorisOp.33 – No. 1. La Muette de Portici
  • Op.34 – No. 2. Le Comte Ory
  • Op.35 – No. 3. La Fiancée
  • Op.36 – No. 4. Guillaume Tell
  • Op.37 – No. 5. Fra Diavolo
  • Op.38 – No. 6. Le Dieu et la Bayadere
  • Op.40 – Fantaisie sur des motifs de l’opéra Zampa
  • Op.41 – Rondoletto pour la guitare sur l’air favori Clic clac
  • Op.43 – Mélange sur des motifs de Zampa (Hérold), pour piano et guitare
  • Op.44 – 3 Airs suisses variés
  • Op.45 – Fantasie Sur les motifs du Serment, de D.F.E. Auber
  • Op.48 – Fantasie Sur les motifs du Pré aux Clercs, de F. Herlod
  • Op.49 – Fantasie Sur les motifs de Gustave ou le Bal masqué de D.F.E. Auber
  • Op.52 – Walse favorite du Duc de Reichstadt variée pour la guitare
  • Op.53 – Deux Quadrilles de Contredanse, deux Walses et deux Galops
  • Op.54 – Récréations musicales
  • Op.55 – Valses brillantes à l’espagnole
  • Op.56 – Adieu à la Suisse, air varié
  • Op.57 – Fantasie Sur les motifs de Cheval de Bronze, de D.F.E. Auber
  • Op.59 – ギターのための完全な方法 Méthode complète
  • Op.60 – 25の練習曲集 25 Études mélodiques et progressives. 1re Suite de la Méthode
  • Op.62 – Mélange sur Sarah de Grisar
  • Op.64 – Fantaisie sur des motifs du Postillon de Longjumeau d’Adam
  • Op.67 – Mosaïque pour la Guitare sur les motifs favoris de l’opéra Le domino noir
  • Op.68 – Choix des plus Jolies Valses de Strauss et de Labitzky arrangées pour la guitare
  • Op.69 – Mélange pour la guitare sur les Airs favoris du Lac des Fées
  • Op.70 – Mélange pour la guitare sur les Airs de Zanetta, Opéra de D.F.E. Auber
  • Op.71 – Fantaisie sur l’opéra Les Diamants de la Couronne de D.F.E. Auber
  • Op.73 – Fantaisie sur les motifs de La part du diable, Opéra de D.F.E. Auber
  • Op.74 – Mélange pour la guitare sur des Thèmes favoris de La sirène, Opéra de D.F.E. Auber
  • Op.76 – Fantaisie (La Barcarolle)
  • WoO – Variations sur la romance les Laveuses du Couvent
  • WoO – Récréations musicales de H. Herz, Rondeaux, Variations et Fantaisies sur 24 thèmes favoris. En 4 suites n°1, n°2, n°4
  • WoO – Variations sur un thème de Weigl de “La Famille Suisse”

参考文献 | Bibliography

  1. François-Joseph Fétis, Biographie universelle des musiciens et bibliographie générale de la musique, t. 3, Bruxelles, 1837, p. 46.
  2. Mauro Mariottini, « Matteo Carcassi Un aggiornamento bio-bibliografico », Il Fronimo, n° 108, ottobre 1999.
  3. Carcassi, Matteo | Grove Music [https://doi.org/10.1093/gmo/9781561592630.article.44516]
  4. Matteo Carcassi (c. 1792-1853) biography – Tecla Editions [https://tecla.com/matteo-carcassi/matteo-carcassi/]

Notes   [ + ]

1. Matteo Carcassi, Méthode complète pour la guitare, Mainz, 1924 (1re éd., 1836), p. 1.
1988年生まれ。東京大学文学部卒業後、同大学院進学。現在はパリ社会科学高等研究院にて在外研究中。専門は近代フランス社会政策思想史。好きな作曲家はジャン・シベリウス。Doctorant à l'Ecole des hautes études en sciences sociales. Histoire politique et culturelle.
Scroll to top